FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

​パリのスーパーで見つかる1個100円の小さなしあわせ「ボンヌ・ママンのデザート」|[フランスの定番品]

2016.11.24



テーブルクロスを思わせるような赤いチェック模様が特徴的な「Bonne Maman(ボンヌ・ママン)」は、70年代にフランスで誕生したコンフィチュール(ジャム)のブランド。

フランス人にとって、コンフィチュールと言えばボンヌ・ママンというぐらい代名詞的存在になっていますが、おいしい果物を使った自然な味わいは、今や日本でもすっかりおなじみですよね。


定番はカップ入りの冷蔵デザート!





フランスではどんな小さなスーパーでも、ヨーグルトやカップ入りの1人前デザートが冷蔵コーナーにたくさん並んで、選り取りみどりなのですが、中でも私が必ず買ってしまうのが、10年前から発売されているボンヌ・ママンのデザート

プレーンなヨーグルトからバニラ味、ベリー系のソースやコンフィチュールが入ったもの、カラメルソースがおいしい プリン、そして、タルトタタンやレモンタルトなど、パティスリー系デザートも1人分のカップに入って売られています。

ヨーグルト系は4個、デザート系は2個入りで1.5〜3ユーロ程度で買えるので、1個あたりのお値段は100円ほど!


リーズナブルでも味は本格的







プリンは卵とクリームが濃厚で、とても素朴な味わい。レモンタルトはビスキュイの上にレモンクリーム、そしてメレンゲもきちんとのっています。

キルシュ漬けのチェリーが入ったチョコレートケーキのフォレノワールや、ラム酒たっぷりのババ・オ・ラムも、本物のパティスリー顔負けの味です。

タルトタタンはレンジで少し温めるともっとおいしい。ほかにも、イチゴと生クリームのフレジエ、カカオパウダーが別に付いたティラミスなど、1日ごとに新しい味を試せる ラインナップです。



パリ滞在中に、毎日外食するのは胃にも財布にも負担ですから、たまにはマルシェやお惣菜屋さんで生ハムやパテ、サラダなどを買ってホテル ディナーを。デザートにはぜひこのボンヌ・ママンのシリーズを試してみてくださいね。

■Bonne Maman 公式サイト(日本語: http://www.bonnemaman.jp/フランス語:https://www.bonne-maman.com

■著者プロフィール
Tricolor Pariswww.tricolorparis.com
トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...