FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

胸元でストーリーを語るパリ生まれの刺繍ビジュー「マコン・エ・レスコワの刺繍ブローチ&ワッペン」|[フランスの新・定番品]

2016.11.28



パリの蚤の市へ行くと、年季の入ったアンティークのブローチをよく目にしますが、いつの時代も、おしゃれなフランス人女性はブローチを上手に取り入れているな、という印象があります。リングやネックレスとはまた違って、ブローチにはなにかその人なりの「おしゃれへのこだわり」を より強く感じるような気がします。



すべて手仕事だから、最高にユーモアなのにエレガント



マリー・マコンとアンヌ=ロール・レスコワ、ふたりの女性デザイナーが2009年に立ち上げた「Macon & Lesquoy(マコン・エ・レスコワ)」は、そんなおしゃれさんたちの心をくすぐるアイテム で、瞬く間に人気を獲得しました。


「どんな人の普段の暮らしにもすっとなじむ便利さとプレシャス感、上品さとユーモアを兼ね合わせた プロダクトを作りたい」と考えた彼女たちがたどり着いたのが、刺繍ブローチでした。虫食い穴のあいたカシミアのニットやシミのついたコートに付けるだけで、ちょっぴりおしゃれ度がアップして、その上楽しい!



もともとは、フランス軍隊の制服に付いていた勲章からインスピレーションを受け、腕利きの職人が多くいるパキスタンのアトリエで、すべて手仕事で刺繍を施しています。小さいけれど、 一目見て分かる質の高い職人技は、まさに「ビジュー」と呼んでしまいたくなるほど。



金塊とマッチ、そして手錠のついたスーツケース…あなたはどんな物語を想像する?




ハリネズミや猫、鳥といった動物はもちろん、クロワッサンやワイングラス、帽子、カメラ、マイク、手錠とスーツケース、血のしたたる手をくわえたサメ…今までなかったような一風変わった、そしてちょっと毒を感じるユーモアあふれるモチーフがたくさん。ブローチだけでなく、アイロンで貼り付けるワッペンやパッチも本当に面白いラインナップで、全部集めたくなっちゃいます。



ワッペンは洋服だけでなく、シューズやバッグにも貼り付けて自分好みのカスタマイズを楽しむ人もいるようです。好きなアイテムを組み合わせて、自分だけの物語を胸元で表現できる楽しさを味わってみてください。


Macon & Lesquoy フランス語サイト


■著者プロフィール

Tricolor Paris| www.tricolorparis.com

トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。


コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...