FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

目黒のジェネラルストアで"正しくない"ワークアイテムの使い方を知りました『VOIRY STORE(ヴォイリーストア)』

2016.7.4


言うまでもなくワークアイテムは日常や仕事のシーンで"使う"ために生まれた道具。デニムだって、つなぎだって、汚れるために生まれてきた。

汚してしまうのがもったいないんじゃなくて、汚さないのがもったいない。そんなワークアイテムを提供するお店が目黒にある。


インテリア・雑貨の専門店で賑わう目黒通りから少し住宅街に入ったところにある日用品店『VOIRY STORE』は、代表の戸塚さんが2014年12月に立ち上げたお店。

「ワークアイテムって、ちゃんと明確な目的があるじゃないですか。例えばエプロンの場合だと自分の服を汚さないっていう。そういう目的のあるものだから、Tシャツやパンツ、靴下みたいな日用品として使ってもらいたい。だから価格を抑えて、金具も使わないようにして、ガシガシ洗濯できるようにしています」


古き良きアメリカをイメージさせるプロダクト



ヴィンテージのほか、セレクトアイテムも並ぶけど、店内の商品の多くは戸塚さんが企画したオリジナルアイテム。特にエプロンは品揃えが充実しており、エプロン目当てのお客さんも多いという。

戸塚さんは元々生粋の古着好き。店内のヴィンテージ古着は戸塚さんが会社員時代から個人的にストックしていたものだし、オリジナルアイテムもどこか古着らしい風合いやレトリックが垣間見える。






例えば、上の写真のポリエチレン素材のバッグ。「SUPER MIDDLE」のほかにも、「ULTRA HEAVY」とかいくつかパターンがあって、実はボクシングの階級が元ネタ。どこか違う国の特定の団体が特定の目的で作った古着のプリント文字を、日本人が掲げて歩いているっていう古着特有のナンセンスな面白さ。


エプロンも、アメリカの特定のシーンを元ネタにしていたり、想像上の人物や団体をイメージしてつくっているんだとか。

「この『TAKE ALL YOU WANT EAT ALL YOU TAKE』っていうのは、アメリカの刑務所を訪問したときに書いてあった言葉。『残さず食べろ』って意味らしいんですけど、かわいいので拝借しました」

「これは架空の銀行のエプロン。もちろんこの電話番号はつながりません」

「こっちはジュディー・バートラムさんという架空の人物がエレクトリックブレンダーをテレビ通販しているっていうイメージ」

「これは元ネタがあって、1968年にアメリカ合衆国大統領選に立候補したジョージ・ウォレスの選挙活動に使われたバッジをモチーフにしています。

この間、恰幅のいい外国人が来て、『ウォレスはオレの友人だ』って言って買っていきましたよ。本当かな? 生きていたらかなりの高齢だと思うんですけど(笑)」


使う人に与えられるワークアイテムの新しい役割


「VOIRY STORE」は目抜き通りから少しだけ離れていることもあって、決して立地の良い場所ではない。もともと事務所としての利用を主な目的として場所を選んだそう。

「お店を構えて、お客さんと接しているといろいろと教えられることがあるんです。例えばこのエプロンは折って腰巻きにして使うと便利だとか。このオリジナルトートは近所のお母さんたちから『あなた、持ち手が短いバッグは売れないわよ』なんて怒られます(笑)。折りたたんでクラッチバッグとしても使って欲しいからあえてこうしてるんですけどね」

お客さんの他にも、親交のあるスタイリストやクリエイターからエプロンの意外な使い方を提案されることもあるという。下の写真はインテリアスタイリストの作原文子さんのアイデア。エプロンをハンギングしてドライフラワーを飾っている。


「『こう使ってください』という型が決まってしまっていると、アレンジが効かない。お客さんから僕の想像できないような使い方がどんどんと出てきてほしい」

展示会でバイヤーに向けて、戸塚さんがお客さんから聞いた使い方を伝える。バイヤーは販売員に伝え、販売員はそのお店のお客さんに伝える。

そうして特定の目的で作られたはずのワークアイテムは、そこに関わる人々の手によって、また新たなワークの役割を与えられる。

そこに正しい使い方っていうのはなくて、みんな正しくない使い方を楽しんでいる。大切なのはとにかくいろんな方法で使い倒すこと。

トラックメイカーとDJのように、生活者との共犯関係によって成り立っている『VOIRY STORE』のプロダクト。ぜひ、自分なりのアレンジの仕方を考えながら、同店のアイテムをチェックしてほしい。


『VOIRY STORE』の厳選プロダクト



VOIRY STORE(ヴォイリーストア)
〒153-0063 東京都目黒区目黒4-15-3 Nビル1号
Tel.03-6451-0883
OPEN.12:00-20:00

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...