FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

計らず、感じる。料理人・竹花いち子のアイデア料理はこうして生まれた

2015.10.1


作詞家、コピーライターとして活躍した後、料理人へ転身。斬新なアイデアから、ジャンルに捉われないメニューを提供する「タケハーナ」を運営してきた竹花いち子さん。同店閉店後、現在は定期的に料理教室を開催し、そのアイデア溢れる料理を求める数多くのファンを魅了し続けています。

そこで今回、店舗を運営していた当時のスタッフ皆が、こぞって食べていたという「タケハーナ」のまかない料理や、彼女の作るアイデア料理が生まれるまでについてをご紹介します。

純粋無垢な料理好きだからこそ辿りついた、その変わった調理法とはいかに。




当時の「タケハーナ」人気まかないメニューとは


当時は春菊を多く使っていたため、その余り物になっていた茎と、当店で作っていた「こんにゃくのチーズフリット」で余ったチーズ入りの衣を、二つ合わせて生まれた人気まかないメニュー。

実は、まかないで人気になりすぎたため、唯一まかないからレギュラーメニューへと昇格した料理なんだそう。ここからアップデートさせた料理を、『タケハーナ』では『季節の野菜とお焼』という名で提供することに。この日は、前日に料理教室で使ったトマトソースと、竹花さんヘビロテのナンプラーを使って味付けを。

「このメニューは、バイトのスタッフから異様に人気で、これを食べたいがゆえに、『仕事が辛くてもやめない!』なんて言う人もいたくらい(笑)。味つけで使ったナンプラーは、私の常用品。魚で作った醤油なので、見方を変えればダシにもなるんです」(竹花さん)




限られた素材から生まれる創造力


「ひとりでご飯を食べるときには、余った食材から作る料理がほとんど。その限られた素材の中で、いろいろと料理法を考えることが多いんです。このメニューをもっと贅沢にするのであれば、魚介類なんかを入れるといいかもしれませんね。その他に、ナスやズッキーニ、パプリカが入ると最高かも」(竹花さん)





食後の撮影が竹花さんの芸術活動?


「最近は食後のお皿を撮影するのにハマっていて…。というのも、日本の美術館でやっていた『サイ・トゥオンブリー』という芸術家の展覧会を見て、ものすごい感動したんです。それから、食後のお皿がその作品にしか見えなくなってしまって(笑)。今では、食後の写真に一言料理のコメントを添えて、記録を残すようにしています」(竹花さん)





タケハーナの味は永遠に。


竹花さんが運営していた料理屋「タケハーナ」の、ジャンルに捉われぬ斬新な料理を惜しむお客が多く、レシピを尋ねられることが数多くあったとのこと。

そこで、ファンの要望に答えるため、最後の仕事として制作したという当店のレシピ集がこちら。レギュラーメニューはすべてこの中に記され、HP内にも残されているため、いつでも当時の味を思い出すことができるのです。





竹花いち子のアイデア調理法

「料理人としての活動を始めるとき、中華料理、タイ料理、イタリアン、和食と、なんでも好きだった私は、どんな料理を作っていこうかとても迷っていたんです。そこで自主トレを始めることにするのですが、『まずは何も考えず自由にやってみろ』と自分に命令したんです。

それからお客を招いてご飯を作ってみると、本当に不思議なもので、最初から今のような料理を作っていたんですよね(笑)。

そのとき気がついたのですが、私の中にジャンルなんかそもそも存在していなくて、まるで子供のように調理していたんですよ。ナンプラーはタイのものだからタイ料理に使うとか、そのような素材の背景を考えず、この味だったらこれに合うかも?とシンプルに味の感覚だけで料理を作っていたんです。

そういった調理法以外に、材料は目分量で測るのが重要だと思っていて。自分の感覚で量を測って料理をしていると、これを入れたらどうかな?と、臨機応変に味を考えられるようになるんです。そういった一つの料理から、いくつもの新しい料理が湧いてくると、毎日をもっと流動的に、楽しく料理をすることができることがわかって。

そのような調理法が、今の私のスタンダードになっているのかもしれません」(竹花さん)

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...