FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

私たちから子供たちへ。世代を経て受け継がれる「DESCENDANT」での家族の時間

2015.8.31


中目黒にあるDESCENDANTはWTAPSの西山徹さんと妻の美希子さんご夫婦によって2014年に設立されたブランド。なんでも、西山さんご夫婦の息子・娘のために作った服というのがスタートだとか。そのため、息子・娘が成長していくにつれてサイズ展開を変えることも構想しています。最近では雑誌でも特集が組まれるなど、注目のお店です。

そんなDESCENDANTのコンセプトは「親から子供へ、更にその子供が親となり、次の世代へと受け継がれるモノづくり」。週末には親子連れが洋服選びを楽しみます。

同店の販売スタッフの柳田大地さん、山田夏子さんにお話を伺いました。


スタッフが"次の世代に受け継ぎたいこと"


柳田さん自身も、2歳の娘をもつ父親であり、次の世代へと受け継ぐというコンセプトに共感する1人です。

釣りや旅行が趣味の柳田さんは、娘への思いをこう語ります。

「娘が大きくなったらいろんな所に旅行に連れていってあげたいですね。学校じゃ教えられないことを経験させてあげたい。以前、長野の戸隠神社にいったのですが、大木の壮大さやその空気感に圧倒されました」(柳田さん)



スタッフと子どもが遊ぶ、DESCENDANTのいつもの風景


ヨガやランニングが趣味という山田さんは同店についてこう語ります。
「お客様はやっぱり親子連れが多いですね。以前は絵を描くスペースがあったりして….私も子どもたちと遊んだりしちゃいますね」(山田さん)



家族とともにDESCENDANTとの時間を楽しむ


次にお二人に"子ども"についてお話を伺いました。

「娘は自由に育てたいですね。でも、自分が親から学んだ礼儀の部分はしっかり娘にも伝えていきたいなと。そういうことも含めて娘と一緒に過ごす時間を大切にしています。週末にはピクニックをしたり、DESCENDANTで一緒に服を選んだりします。幼いながらに、好みがあるので女の子だなと思います」(柳田さん)

「私も子供ができたら絶対DESCENDANTの洋服を着て貰いたいですね。DESCENDANTってずっと着られる服が多いから、次の世代にその子供の服が渡るのが見てみたくて。それってすごく素敵じゃないですか」(山田さん)



DESCENDANTはなぜDESCENDANTなのか?


DESCENDANTとは子孫という意味。
そのコンセプトを決める上でインスピレーションを与えたのが、長い命のリレーを描いた「せめいのれきし」という絵本です。この絵本からデザイナーの西山さんが語り継がれることの大切さを感じたのだとか。また石畳を貴重とした内装で、どこかアットホームな空間は「ちいさいおうち」という絵本を参考にしているそうです。

DESCEMDANTの洋服を手に取ってみると、シンプルな作りではありますが随所にこだわりが見え隠れしていました。シンプルだけど、こだわりがあって飽きがこない。だからこそ受け継がれるのだと思います。そして、その洋服が何世代も受け継がるところを見てみたい、そんな気持ちになりました。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...