FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

「暮らしを大切に」北欧スタイル。Heroomtage・中尾智子の部屋

2016.4.21


父親が商社で働いていた関係から、幼い頃はベルギーやアフリカで暮らしていたという、各国のフレグランスアイテムを中心にライフスタイル雑貨を取り扱う「Heroomtage(エルムタージュ)に務める中尾智子さん。

もともと暮らしを大切にしたいという願望があり、身の回りの環境をよくしたいという思いから、家具などにもこだわっています。

中尾さんが「暮らしの文化が素敵」と話す北欧スタイルがインテリアの軸となり、過去に住んでいたベルギーや、ファッションとして憧れがあるというフランスのエッセンスを意識的に加え、Myスタイルを確立。旦那さんと息子さんの3人で暮らすお家は、センスのある家具で埋め尽くされます。

旦那さんの趣味が混ざり合い、中尾さんは「ゴチャゴチャで嫌なんです…」と言うものの、とてもまとまりある空間がそこにありました。





空間がグッと大人っぽくなる。黒のアイテムで上品に統一


北欧テイストの家具を揃えていくと、やわらかい雰囲気は作れるものの「思いの外カジュアルになりすぎてしまう」という場合もあります。

そんなときは、中尾さんのように黒い小物を取り入れ、少し大人っぽさを演出するのが効果的。小物が揃えば部屋がグッと引き締まり、上品な空気感をかもし出してくれますよ。





まるでフランス。白でまとめたクリーンな世界


白を基調に、まるでフランスの家のようなスタイリングが特徴的なこちらのスペース。どこを見てもモデルルームさながらに整頓された彼女の部屋には"暮らしのルール"が設けられているからこそ、常に同じ状態を保てているとのこと。

そのルールとは「定位置を決める」こと。どんなに細かなモノでも、それぞれ置く位置を定めることで部屋が乱れることもなく、綺麗な状態が維持できるのだそう。




温もりある部屋に程よいスパイスを。黒の足し引きで大人な空間に仕上げる


ほっこりしたイメージの強くなる北欧をベースにスタイリングしていますが、黒の小物が程よいスパイスとなり、部屋全体を引き締める効果が加えられています。

壁にはお気に入りというピカソの絵が飾られ、上品な空間を演出。甘辛をうまくMIXさせた大人なスタイリングです。




見せる収納がポイント。料理にまつわる本も添えて


「モノの定位置を決める」がMyルールの中尾さん。位置が決まっていれば無駄に部屋が乱れることも少なくなり、キレイな状態が保てると話します。

まさしくそのルールを体現しているのがこのキッチンスペース。まるでお店のディスプレイのように紅茶やコーヒーの缶がキレイに並び、見せる収納とはこのことだ!と言えるお手本のような整頓術。

また、「お気に入りの料理本はいつでも読めるようにキッチンの横へ」と言う中尾さん。発色の良い雑誌も、缶と同様に、ステキに陳列されています。




ピュア素材の調味料で、料理を味わう


ライフスタイルスタイル雑貨を取り扱う「Heroomtage」に務める中尾さんは、食品も扱うことから、調味料をリサーチすることに抜け目がありません。現在のお気に入りはスペイン発祥のオリーブオイル「オリバルデラルナ」と、アメリカ発祥のソルト「JACOBSEN SALT」。

中尾さんが披露してくれたのは、「アボカドにかけて食べるだけ」というシンプルな調理方法の一品。食材・調味料の味をそれぞれしっかり味わうことができるため、とても美味しく食べられるとのこと。みなさんも、ぜひ試してみてはかがでしょか。





多種の香りは同ブランドで揃えて楽しむ


部屋の隅に飾られた地図は、旦那さまが旅行したときに購入した地図を、お気に入りの額装屋「LapiArts」でオーダーした額に入れたもの。

LapiArtsその下のサイドテーブルには、中尾さんの働く「Heroomtage」で取り扱う「MAD et LEN」のフレグランスを。

「同じブランドのフレグランスを揃えれば、香りがブレンドした際も違和感を感じない」と話す彼女の部屋には、それぞれ違う香りのものが設置されています。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...