FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

今日はどのクラフトビールを詰めて帰ろう。ポートランドのビール用陶器ボトル|[アメリカの新定番品]

2016.12.16



オレゴン州ポートランドはクラフトビールで有名な街。そんなビール好きにはたまらない街には、地元陶芸家アーティストが創り出したとっても素敵なアイテムがあります。それは、グロウラーと呼ばれるビール用陶器ボトル。とってもキュートでどこか懐かしい感じのする、手作りのグロウラーなんです。




個性的なクラフトビールのテイクアウトには、ユニークなセラミック製のグロウラーを


2010年夏、陶芸品製作スタジオであるMudshark Studio(マッドシャーク・スタジオ)のロフトで、7人の地元デザイナーと陶芸家アーティストたちが集まり、地元クラフトビール用のグロウラー製作を考案したのがPORTLAND GROWLER CO.(ポートランド・グラウラー・コゥ)のはじまりです。


マイクロブルワリーの個性的なビールにふさわしい、シンプルかつユニークなセラミック製のグロウラー。ポートランドでは、バーやレストランでビールをお持ち帰りしたいとき、この素敵なボトルに入れて持ち帰るそうです。エコだしとっても便利。私はビールは苦手なので飲めませんが、こんなにかわいい容器に入れてもらえるんだったら、思わず買いたくなっちゃいます。中の液体を冷たいままに保てるので、水筒みたいに別の飲み物を入れてもいいですね。



一つひとつ手作業で作られるから、仕上がりはすべてオンリーワン



グラウラーの製作は、アーティストによってすべての工程が手作業で行われます。ボトルはモールドで大まかな型を取った後、陶芸家アーティストたちが一定の決まった形に仕上げていきます。




一度素焼きした後、釉薬(=グレーズ)で色を付け再度焼いたらできあがりです。グレーズの付き具合で、それぞれ微妙に異なる味わいある手作りの作品になります。



グロウラーに使っている地元産の粘土には、優れた断熱性があるのだそうです。それはガラスやステンレススチール製の容器を上回るほど。シンプルでやわらかい丸みを帯びたグラウラーには、フリップトップの陶器で出来ている蓋もついています。しっかり密閉するためにゴムのガスケットを使用し、ビールの炭酸ガスが抜けないようになっています。ボトルの底には、PGCのロゴと、一つひとつ制作したアーティストのイニシャルのスタンプが押されています。




ビールと自然を愛する、ポートランドの人々のよき相棒として



ポートランドは豊かな自然に囲まれ、農場が近くにある環境。ビールの原料であるホップの産地でもあり、おいしい水が手に入るため、クラフトビールを作るには最適の場所なんだとか。PORTLAND GROWLER CO.のグラウラーは何度も洗って使えるので余計なゴミを出しません。そんな環境への優しさが、自然を愛するポートランドの人たちのハートをがっちり掴んだのです。

私が住んでいるシカゴでも、ガラス製のグラウラーにクラフトビールを入れてくれるバーやレストランがあるようですが、まだまだ数ではポートランドには及びません。もうすぐ、このセラミック製のグラウラーがシカゴでもトレンドになって、手に入る日が来ると思うと楽しみです。


PORTLAND GROWLER CO.のオフィシャルサイト


■著者プロフィール

Hisae

シカゴ在住の広島県人。平和と自然をこよなく愛し、写真を撮ること、ロードバイク、ランニングが大好き。波乱万丈の人生を、いつも笑顔で楽しんでます♪

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...