FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

パリジャンに学ぶ “足もと”スタイリング講座

2017.5.2


なぜフランス人のスタイルはよく見えるのか? それは足もとがスッキリまとめられているから。日本で流行中のワイドパンツを履いている人なんて滅多にみません。細身のパンツをベースに足もとをコーディネートすることでスタイリッシュにまとめています。今回の企画では、年に4回パリに行くファッションオタクの私が、街中練り歩いて観察したパリジャンの足もとを再現し、フランス人の標準体型に近いモデルに着てもらいました。(身長175㎝ 体重64kg)


使い古しのスニーカーに同色系スラックスで小慣れ感を


近年パリで人気のスニーカーを使ったコーディネート。日本でもここ数年流行っていますよね。しかし、スニーカーと合わせるパンツがちょっと違います。デニムなどのカジュアルなパンツを合わせたくなりますが、パリではスラックスと合わせている人が多いです。特に30〜40代のジェントルマン。彼らのスタイルを参考にカジュアルなスニーカーを同色系のスラックスに合わせ、品よくスタイリングしてみました。スラックスのフォーマル感をスニーカーではずし、さらに同色で合わせることによって、カジュアルになりすぎないよう加減しています。



そしてこちらのスタイリングのポイントは、新品すぎるスニーカーは履かないということ。パリではほとんど、キレイなスニーカーを履いている人を見かけません。ここが日本との大きな差です。恐らくパリジャンは意識して汚しているわけではありませんが、汚れている方が履く人の味がでてコーディネートによく馴染むんです。なんか格好良い、お洒落と感じるのは小慣れているからなんですよね。


プレーントゥの革靴と薄手の靴下は足もとを細くみせてくれる


カジュアルなスニーカーの次は、フォーマルシューズ。お洒落は足もとからと言いますが、パリジャンは仕事着だって足もとには気を使っています。オフィス街のラ・デファンス周辺では手入れのされたモンクストラップやプレーントゥのフォーマルシューズを履いているビジネスマンをよく見かけます。写真のコーディネートはプレーントゥの革靴を使いスタイリングをしてみました。靴にデザインや装飾性がないためシンプルに足もとを見せてくれます。



パリジャンに習うことはフォーマルシューズに合わせる靴下の選び方。一見、ただの黒い靴下にみえますが、質の良い薄手の素材なんです。厚い靴下だとカジュアルな要素が強く、せっかくキレイな靴をはいても魅力が半減してしまいます。薄手の靴下なら品がでますし、くるぶしやスネが細く見えるので足元をスッキリみせるのに役立ちます。それに、本来スーツの下に履く靴下は膝下丈の薄手の靴下と決まっています。時代によってルールは変わりますが、こういう細かなことを知っているパリジャンは流石ですね。


絶妙丈で作るショートブーツとデニムのアンサンブル


ある日シャトレを散歩していたときに見つけた、お洒落髭オジサンのコーディネート。ショートブーツに糊の訊いたデニムを合わせていたのですが、ブーツとデニムの丈がとっても絶妙。これってしっかり計算しないと難しいコーディネートなんです。彼に習って、ショートブーツの上部にかからない程度にくるぶし丈のデニムを一回折り返し、全体のバランスを考慮しながらスタイリングしてみました。折り返すのがポイントです! 折り返しがないと、のっぺりした印象になってしまいます。



そして、2つ目のポイントは靴下にあります。髭オジサンを観察してみると、歩いているときにマリンボーダーの靴下が見え隠れしていることに気付きました。立っているときは見えないけど、歩いているときや、座ってパンツの裾元が上がったときに、さりげなく見え隠れする靴下がとっても粋。今回は色白のモデルに合わせペールトーンの淡いものでスタイリングしてみました。他にも遊びのきいたデザインや色味のものを合わせてもいいですね。ご自身の個性や全体の雰囲気にあわせて楽しんでください。



パリジャンが教えてくれたこと

足もとだけを観察していたら分かったことがあります。それはどの男性も共通して脚が細いこと。パリに住むジャーナリストの友人にこの件について聞いてみると、「上半身は鍛えるけど下半身は細いパンツが履けなくなるから鍛えない」と言っていました。ジャーナリストの彼だって今年で41歳。いつもディオールのスキニーデニムを履いて、靴は黒のサイドゴアプーツかドルチェ&ガッバーナのスニーカー。年齢を理由に細身のパンツが履けないことなんてありません。パリジャンに習い、何歳になっても足もとだけは変わらない美しさを維持したいものです。

著書プロフィール|金子良

中学からオシャレに目覚め18のときに渡仏。帰国後、文化服装学院でファッション流通を学ぶ。スタイリストから水商売まで何でもこなすノマドワーカー。2017年4月、中目黒に「café kanéko(キャフェ・カネコ)」をオープン。

https://www.instagram.com/cafekaneko/

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...