FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

おしゃれ釣り人のための、ロックなフィッシングアパレルブランド|NEW CURRENT WORKS(ニューカレントワークス)

2017.4.10



アウトドアの一番の目的は、自然の中で思いっきり遊ぶこと。だけど、充実した時間を過ごすためには、機能性とデザインを兼ね備えた道具やファッションもやっぱり欠かせない。

サーフィンやキャンプならデイリーにも着られるおしゃれなブランドがたくさんあるが、フィッシングブランドだとどうだろう?


「昔は、おしゃれなフィッシングブランドなんてほとんどありませんでした。まーそもそも、釣り人はファッションなんて、どうでもよかったんでしょうね」と語るのは、バスフィッシングをメインとしたフィッシング専門のアパレルブランド「NEW CURRENT WORKS」を手がける久田亮平さんだ。


「釣り=ダサい」のイメージを変えたい


久田さん自身も釣り好きで、「なんでカッコいいフィッシングアパレルがないんだろう」と思っていた一人。福祉業界で働きながらバンド活動もしていた久田さんは、音楽業界のTシャツデザインやフライヤーなどを手がけるイラストレーターの友人と2人で、「釣り=ダサい」という図式を壊すべく、フィッシングブランド「NEW CURRENT WORKS」を立ち上げた。(立ち上げ当初ブランド名は「CURRENT」。2017年〜現在のブランド名になる)


「昨今はファッション感度の高いオシャレ釣り人が増えてきているんです。サーフィン好き、スケート好き、音楽好きなどにも釣りを趣味にしている人って結構いますし。彼らに向けて、デザイン要素をプラスすれば、おもしろいモノができるんじゃないかって思ったんです」


「NEW CURRENT WORKS」のSNSでは湖上でバスフィッシングを楽しむ様子がたびたび投稿されている。釣りの魅力を知りつくし、カジュアルに楽しんでいる彼らが手がける「NEW CURRENT WORKS」ファッションアイテムは、そのまま渋谷を歩けそうなほどカジュアルでシーンレスだ。



たとえば、「PAISLEY[C] TEE」。カジュアルなブラックバスをモチーフにしたバンダナ柄をプリントしたTシャツはデニムに合わせてタウンユースもできる。身ごろのサイドにポケットやベンチループがあるから、釣りをするときにサングラスを引っかけたり、ちょっとした小物を入れたりするのに便利。ボディの素材は海外の軍隊服でも採用されているコーデュラコットンを使用し、引き裂き強度にもすぐれている。アウトドアファッション雑誌『GO OUT』が展開しているオンライイストアでも人気のブランド「INTO THE LOCAL」とのコラボレーション商品だ。



もちろん、釣りに必須のルアーもある。手織りの生地を使用し、一つひとつハンドメイドで作られた「HANDWOVEN Lure」は、トップウォーターブランド「Osamoon Bait」とのコラボレーション商品。個性的な手織りの生地を巻き付け、表面のコーティングを何層にも行って仕上げたことで、見た目にも美しい商品だ。


フィッシング業界と福祉業界をつなぐ


釣り人のニーズを満たし、ファッション性も兼ね備えた「NEW CURRENT WORKS」のアイテム。一つひとつ手作りされているからこそ、細部にまでこだわることが可能なのだろう。


実は、「NEW CURRENT WORKS」のアイテムの生産工程には福祉作業所の障がいのある方々の技術が入っている。

福祉業界に通じた久田さんは、全国の福祉作業所が抱える課題を解決するために何かできないかと考え、全国の福祉作業を周り商品開発やブランディングなどを行う「B.R.W」というプロジェクトを始める。そこで、さまざまな業界と福祉業界をつなげようと思ったことが、このブランドを始めたもう一つの理由だった。


「あまり知られていないのですが、福祉作業所のみなさんは高い技術を持っているんです。さらに刺し子や手織り、陶芸といった独自の技術を使ってデザイン性の高いアイテムを作ることができますし、手作業で作るからこそ小ロットにも対応できます。

小ロットでクオリティが高いアイテムができることは消費者にとっても、生産者にとってもうれしいもの。そうしたメリットを知っていただいたフィッシングブランドさんやアパレルブランドさんとコラボレーションする機会も増えてきました」


異なる業界をつないで新たなマーケットを生み出した「NEW CURRENT WORKS」。生産者も、ブランドも、使う人も、みんながハッピーになる関係はいろいろな業界にフィットするはずだ。


「『カッコいいから欲しいな』と思ったアイテムを購入することで、社会貢献にもなるなら誰も損はしません。それにフィッシングに社会的な取り組みをプラスすることで、『バスフィッシング』の社会的地位の向上にもつながれば」と久田さん。



何かを我慢して問題解決を目指すのではなく、気付いたらその流れに参加していていた。そんな気軽なスタンスで社会貢献できるのはとても健全だと思う。

それに、「NEW CURRENT WORKS」は、おしゃれでロックな釣り人のためのファッションブランドだ。細かいことは気にせず、フィッシングを思いっきり楽しめばいいのだ。


画像提供:NEW CURRENT WORKS

文・髙橋優海



コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...