FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

【フランス・部屋】脚本家とバッグデザイナーの夫婦が作る、落ち着つきあるシックでモダンな大人の空間

2015.5.7


ファッション小物をデザインして22年。有名ブランドでキャリアを積んだセリーヌがたどり着いたものづくりへの姿勢は 、フランスの職人さんが持つ伝統的な技術を大切にしていくこと。




こんにちは、トリコロル・パリです。

今回は、ナント郊外の一軒家に暮らすご家族を訪ねてきました。ご主人のイヴさんは子供向けアニメの脚本家で、奥さまのセリーヌさんは、パリのプレタブランドで小物デザインのディレクターを務めたのち、現在は自身のブランド、「rue des roses(リュ・デ・ローズ)」を立ち上げ、フランス国内の職人さんの技術にこだわったバッグやスカーフを作っています。

子供は育ち盛りの男の子が二人。夫婦ともに家で仕事をしているので、ONとOFFの時間を上手に切り替えられるように工夫しています。



ナチュラルウッドで揃えたダイニングスペース。

庭に面した明るいダイニング・キッチン。

料理上手なイヴお気に入りのコーナー。

アンティークとインダストリアル、ふたつの異なるスタイルが不思議と調和する棚。

キッチンに立つ回数が多いのはイヴ。余計な飾りのない男らしい台所。

鮮やかな色づかいがとてもフランスらしいリビング。

ぐっと落ち着いた雰囲気で集中力が高まるセリーヌのオフィス。

あえて黒くペイントした天井が、空間をぐっと引き締める。

ご主人イヴのオフィスは、ブルーの壁で男の仕事場。

イヴのデスクコーナーの向かいの壁には、職人さんに依頼した作り付けの大きな収納棚。

骨董店で買ったデスクを中心に、赤と水色をアクセントカラーにした8歳のテオドールくんの部屋。

アンティークのサイドテーブルには、テオドールくんが旅行先で買い集めた思い出のオブジェが並んでいる。

長男の部屋も、ティーンエイジャーの男の子らしく色味を抑えたインテリア。

真っ白で統一し、狭い空間を広々と見せる工夫を凝らした屋根裏のバスルーム。

晴れた日には椅子に腰掛けて読書を楽しむ庭。

昔のままのタイルがフランスらしい雰囲気のエントランスと踊り場。


■著者プロフィール
Tricolor Paris
http://tricolorparis.com
トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...