FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

ベルリンにある元タバコ工場のチョコレートショップ&カフェ|Süßkramdealer(ジュースクラムディーラー)

2017.5.11


ベルリン市内の南西部に位置する、閑静な高級住宅街・フリーデナウ地区。落ち着いた個人商店が多く、歩く人々からもどこかゆとりが感じられるエリアです。


「Süßkramdealer(ジュースクラムディーラー)」はチョコレートショップとカフェが一緒になったお店。大きなショーウィンドウからは、トレイに並べられたシャーベットのような淡い色のお菓子たちが目に入ります。さらにウィンドウから見え隠れするのは……なんだかとても古そうな家具。もしかしたらアンティーク?




—こんにちは〜。


いらっしゃい。


—あのここ、古い棚がありますけど、アンティークのお店なんですか?


いや、うちはチョコレートショップとカフェだよ。


—でもこの木の棚、すごく古そうですね。重厚で素敵。


この場所は1906年にできたんだけど、いちばん最初はタバコ工場だったんだ。そのあといろいろなお店に変わったけど、この棚は1924年からそのままなんだよ。素材は、マホガニーとオーク材でできているよ。


—わぁ、よくずっと残っていましたね!


1960〜70年代はこういうデザインが古臭く思われてずいぶん壊されたから、ここが残ったのはラッキーだったよね。今はアンティークに価値を見出す人が増えたし。


—私もアンティーク家具が好きだから、こういうお店に入るとすごく嬉しくなっちゃいます。


実は僕がここでお店を開いたのも、前からこの家具を見ていて好きだったから。この物件が空くと知ってすぐに借りる契約をして、2005年にこの店を開いたんだ。


—この棚に、きれいなチョコレートのパッケージはよく似合いますね。


チョコレートは小さな工房の製品を世界中から集めているよ。1日に50〜100枚程度しか生産しない工房の品とかね。これはベトナムのシングルオリジンのチョコレート「MAROU」。



ー種類がたくさんあって迷いますね〜。


ドイツで有名なオーガニックティー「samova」もそろえていますよ。



—「samova」のお茶、個性的なブレンドがたくさんあって好きです。ところで、これだけいろんな商品があったら、遠くから来るお客さんも多いんじゃないですか?


そうだね。もちろん地元の人がいちばん多いけど、旅行者も来てくれるね。日本人のお客さんも見かけるよ。遠くて来られない人のためにネットショップもあるんだ。50ユーロの予算で希望に合わせて詰め合わせるのが人気だよ。



—ここから奥へ続いているんですか?


そう。カフェがあるから、どうぞ奥にも進んで。





—お店の奥のスペースは雰囲気が全然違いますね!


そうでしょう。このスペースは、2011年に増設したんだけど、古い棚があるショップ部分とは対照的なデザインにするように建築家に頼んだんだ。


—言われてみればカフェスペースの棚は、棚板が宙に浮いているみたいな軽やかな印象ですね。


ショップスペースは古く、重厚で、暗い色。カフェスペースは新しくて軽くて、明るい色。そのコントラストが設計意図でね。


—ショップスペースから一歩カフェに入るだけで、ステルカラーに囲まれて気分がガラッと変わりますね。ショップ部分から奥がチラッと見えるのもいいですよね。


それも設計プランのうちでね。この内装デザインは建築の賞にノミネートもされたんだよ。受賞は逃したけどね(笑) せっかくだから、カフェで何か飲んでいけば?


—じゃあカフェラテにします。




—うん、おいしい! メニューを見たらスパークリングワインとかもあるんですね。


軽食やケーキもあるよ。




—食器やカード類があるのは、チョコレートと一緒にプレゼントできるように、ですか?


そうだよ。プレゼントを探すときに、うちに来ればすべてそろうというのがコンセプト。


—それは助かります! ここなら気の利いたものを贈れそう。食器類もネットショップで買えるんですか?


食器や紙もの商品は、店頭だけの扱いなんだ。売り切れたら新しい商品を仕入れるから、定番商品はなくてね。だから雑貨はいつも新しいものが見られるよ。


—1つのお店で全然違う気分が一度に味わえて、なんかお得な気分でした。どうもありがとう。


ありがとう。よい1日を。またね!




アンティークの調度品は一見の価値があります。その重厚さに敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、心配は無用。数ユーロで買える商品もたくさんそろっています。かわいらしい奥のカフェは1人でも利用しやすいので、ひと休みしたいときにもぴったりです。


お店があるフリーデナウ地区は、1904〜1915年に富裕層向けに計画的に作られたところで、今もその流れが残っています。地に足の着いたベルリン市民の生活が見られます。



Süßkramdealer

Varziner Str.4, 12159 Berlin

月-金9:00~19:00 、 土日祝10:00~18:00 、無休

www.suesskramdealer.de/




プロフィール | 久保田由希

東京都出身。出版社勤務の後、フリーライターとなる。ただ単に住んでみたいという気持ちから、2002年にベルリンへ渡りそのまま在住。著書や雑誌への寄稿を通して、ベルリン・ドイツのライフスタイルを中心とした情報を発信している。散歩をしながらスナップ写真を撮ることと、ビールが大好き。著書に『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』(大和書房)ほか多数。近著に、ドイツの伝統工芸品やクリスマスなどを紹介した『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)。

Kubota Magazin


ベルリンの関連記事を読む

→ ソーセージにはこれがなくちゃ。西ドイツ地方なら、ライオン印のマスタード|[ドイツの定番品]

本場の伝統的なビールと、クリエイティブなクラフトビールの架け橋になる 『Berliner Berg(ベルリーナー・ベルク)』リチャード・ハッジェスさん|[ドイツのクリエイター]

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...