FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

額に入れる、吊す、貼る。ハンカチで作る夏のインテリア|H TOKYO 「FLOWERS/GREEN」レビュー

2017.5.24

レビュアー|編集部・村上

インテリア&旅好きエディター。自宅を北欧×オリエンタルのミックスインテリアにしたくて、納得できるものを少しずつ集めている途中。「The World Elements」で気になるアイテムをレビューします。




ハンカチをディスプレイする


先日、ハンカチ専門店「H TOKYO」三宿店に取材に伺ったときのこと。店内に入ったとたん、カラフルなハンカチのディスプレイに目を奪われた。天井から吊してあったり、額に入れて壁にかけられていたり。アートのようにハンカチが飾られていて、眺めているだけで楽しい。ハンカチを「飾る」という発想がそもそもなかったので、やや大げさに言えば、未知との遭遇的な感動体験だった。


部屋にアートを置こうとすると、大概なかなかのお値段がする。模様替えをしたときにテイストが合わなくなる懸念もある。その点、ハンカチを飾るだけなら手頃だし、気分で柄を変えられる。何より、おしゃれになりそう。


取材を終えて店を出る頃には、自分の家でもハンカチのディスプレイを試して見ようと思っていた。まずは、飾るためのハンカチ選びだ。


H TOKYOで絵になるハンカチをセレクト

(上)「飛行機 NAVY」1944円 (右)「FLOWERS/GREEN」2160円 (左)「ELSA/green stripe」2160円


部屋に飾ることが目的なので、柄が特徴的なハンカチを3枚セレクト。花柄と、幾何学柄と、イラストが描かれているパターン。どの柄がディスプレイに向いているのか、比べてみることにした。


窓際にハンカチを吊す


1つめに試したハンカチは、ブルースター、ムスカリ、デルフィニウムなど青い花を描いた「FLOWERS/GREEN」。H TOKYOさんに伺ったところ、「窓際に吊すのがおすすめ」とアドバイスをいただいたので、カーテンレールにかけてみた。



すると、ハンカチがしなやかに丸まって、まるで花束のように。白いカーテンの前に吊したら、光を透過して青い花のデザインがよりきれいに浮かび上がった。部屋に花束を飾るのは難しいけど、これなら邪魔にもならず、移動させやすく、それでいて華やかな雰囲気になる。



どのように吊したかというと、ハンカチの端をフック付きクリップで留めて、カーテンレールに引っかけただけ。使ったのは、100円ショップSeria(セリア)の「アンティークカーテンクリップ」。ちなみに、ハンカチの端にタグが付いているので、フックがある場合は引っかけるだけでOK。


額にハンカチを入れる


同じハンカチを、今度は額に入れてみることに。ハンカチを広げて飾る場合はかなり大きな額が必要になるので、今回は250×250mmの正方形の額にハンカチを折りたたんで入れた。


「FLOWERS/GREEN」は柄が華やかなので、ファブリックボードのような雰囲気で空間のアクセントになる。せっかくなので、コーヒーの木とアイビーを一緒に置いて、ちょっとしたグリーンコーナーを作ってみた。リアルの植物とハンカチの柄がミックスして、新しい感じ。



次に、幾何学柄のハンカチを額に入れたらどうなるかなと思い、今度は飛行機の模様が並んだ「飛行機 NAVY」を入れてみた。


これは、どうだろう。個人的にはちょっとバランスが悪いような…? 額の前面にマットを入れて余白を出せば、もう少し見栄えがよくなるかもしれない。幾何学柄はうまくディスプレイできればかっこよくなりそうだけど、もう少しコーディネートの修業が必要そう。


壁にハンカチを貼る


全面にイラストが描かれている「ELSA/green stripe」は、折りたたんで額に入れると中途半端に見切れてしまうため、広げて直接壁に貼ってみた。壁を傷つけずに剥がせるタイプの両面テープをハンカチの四隅に貼り、白場が多くて寂しかった壁にぺたり。


なかなか存在感が出た。ハンカチのイラストをアートとしてばーんと見せたいときには、直接壁に貼るのがいいかもしれない。逆に、シンプルな柄のハンカチを壁に貼ってしまうと、ちょっと空間がぼんやりしそう。


夏の窓際のインテリアとして


ハンカチのディスプレイをいろいろ試してみた中で、いちばん気に入ったのは、窓際にハンカチを吊すパターン。簡単にできるし、動かしやすい。飽きたら変えられるという自由度の高さも魅力。


だいぶ気に入ったので、しばらく我が家の窓辺では青いテキスタイルの花が咲き続けている。晴れた日に窓を開けると、ハンカチが風に揺られて表情が変わるのもおもしろい。


吊すと花束のように見える「FLOWERS/GREEN」はディスプレイにぴったりだと思うけど、生地がうすくて光を通す素材のハンカチであれば、どんな柄でもそれぞれに個性が出そう。


ハンカチのディスプレイ、夏の窓際のインテリアとしておすすめです。



■H TOKOのハンカチ「FLOWERS/GREEN」の詳細・購入は以下リンクからどうぞ




H TOKYOに関する記事を読む

大人には、ハンカチを持つべき理由がある。|H TOKYO(エイチトーキョー)




コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...