FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

本棚やキッチンに、隠さなくていい除湿剤|Cul de Sac-JAPON「ヒバマジック 除湿・消臭材」レビュー

2017.7.6

The World Elements 編集部|村上

インテリア&旅好きエディター。自宅を北欧×オリエンタルのミックスインテリアにしたくて、納得できるものを少しずつ集めている途中。The World Elementsで気になるアイテムをレビューします。


編集者という仕事柄、部屋の一角に本や雑誌が積み重なっているエリアがある。なるべくなら本棚に収納したいけれど、入りきらないため、とりあえず床に積み上げている。


本のタワーはどんどん高くなり、下のほうで圧迫されていた雑誌を手に取ったら、カビてしまっていたということも。本棚の風通りの悪さはなかなかのもので、窓を開けたり、掃除したり、大事な本を守るために湿気との戦いを繰り広げているのだけど……。


湿気対策として除湿剤を置こうにも、ドラッグストアに売られている除湿剤は本棚に入れるには大きすぎたり、「ザ・除湿!」といったハデな見た目だったり。


しかし、このまま放置したら湿気で本がやられてしまう……。


Cul de Sac –JAPONのヒバマジック除湿・消臭剤

ヒバマジック 除湿・消臭材/HIBA MAGIC 540円


そこで取り入れてみたのが、「Cul de Sac –JAPON」の「ヒバマジック」という除湿・消臭剤。湿気の多い場所に置いておくと、天然青森ヒバの木のパウダーが湿気を吸収してくれるというアイテム。


選んだ理由は、小型ですき間に置きやすいことと、見た目がシンプルでうるさくないから。


真空パック袋の中に、圧縮された天然青森ヒバのパウダーが入っている。固形状のパウダーの直径は約8cm、厚さは約4cm。かちかちに硬くて、「これ、本当に木のパウダーなの?」というのが第一印象。



開封すると、不織布の袋に空気が入り込んで、「ヒバマジック」の形状が明らかになった。圧縮された青森ヒバのパウダーは、開封してもかちかちの状態。この本体が水分を含むと、膨らんでやわらかくなるのだそう。


眺めているとふわっとやさしい木の香りが広がり、ケミカルなアイテムではないということに少しだけ安心感。


本棚の近くに置いてみた


さて、開封した「ヒバマジック」を床に積み上げている雑誌の上に、ぽんと置いてみた。


除湿剤っぽくないシンプルなデザインなので、そのまま置くだけで空間になじむ。部屋に転がしておいても、雑貨か何かのように見える、ような気がする。隠さなくていい除湿剤って意外と見つからないので、ありがたい。


厚さ4cmほどなので、袋を折りたたんで本棚のすき間に押し込んで使うのもアリかも。


窓のそばということもあり、湿気が多い本棚エリア。いったいどのくらい、湿気を吸収してくれるのだろう。


2カ月後、順調に湿気を吸収中


「ヒバマジック」を本棚に置きっ放しにして約2カ月。圧縮された青森ヒバパウダーの本体は、表面がやわらかくなっていて、少しずつ崩れはじめていた。順調に湿気を吸ってくれているようだ。青森ヒバのほのかな香りも続いている。


使用環境によって有効期間は異なるけれど、3〜6カ月が目安。固形が崩れてすべてパウダー状になったら交換のタイミング。湿気の多い場所で2カ月使っても本体がしっかり残っているので、まだしばらく使えそうだ。


1コ540円で半年近く使えて、湿気が撃退できるなら、案外コスパもいいと思う。



キッチンや靴箱でも


私は本棚に置いて使っているけれど、湿気の多い場所ならどこでも使用可能。キッチンの収納棚や靴箱、クローゼットなどで使うのもおすすめ。


毎日開け閉めする場所に自分好みのデザインのものを置くというのは、日々をストレスなく過ごすために意外と重要なポイントだったりする。


しっかり除湿したいけど、見た目がごちゃつくのはいや、という人はぜひ一度お試しあれ。


本棚の隙間に置いてみた


Cul de Sac-JAPONの「ヒバマジック 除湿・消臭材」について、詳しくは下記リンクからどうぞ。



コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...