FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

​パリのカフェでデュラレックスをしのぐ人気のグラス『La Rochère(ラ・ロシェール)』[フランスの定番品]

2016.8.19



どっしりとした亜鉛のカウンターに、無造作に積み上げられたデュラレックスのグラスは、フランスのカフェやビストロを象徴する風景のひとつですが、ここ数年でちょっとした変化が訪れています。

最初はぼんやりと感じていたものの、パリで人気のカフェに入るたびに、デュラレックスとは違うグラスを見かけるようになり、あれ、ここも、あそこも、ひょっとしてこのグラスのブームが来てるのか?と。

カリスマ的な人気を誇るコンセプトストア「Merci」で、このグラスを売っているのを見たときに、これは来てるー! とムーブメントを確信しました。

スタッキンググラスの王道だったデュラレックスの座を奪いつつあるのは、「Zinc(ザンク)」という名のグラス。メーカーの 『La Rochère(ラ・ロシェール)』は1475年に創業し、最初は窓ガラスの製造を中心としていたフランス最古のガラスメーカーです (ちなみに、デュラレックスは1945年創業)。ガラス製なのでグラスと呼んでいますが、正しくは、コーヒーのタスとして作られたもの。



デザイナーは1974年生まれのファブリス・ジビラロ。タンブラーの周りに入った15本の突起したラインは、飛行機のエンジンモーターからヒントを得たデザインで、熱い飲み物を入れても問題なく持てる工夫がされています。

両手で包み込めるサイズ感やちょうど良い重さ、そしてオブジェとしての美しさ……新進気鋭のデザイナーの斬新な発想と、老舗メーカーの確かな技術と長年培われたノウハウが絶妙に融合しているのを体感できます。食洗機にも入れられて、ガンガン普段使いできるのも魅力的。

すでに4個の「Zinc」をヘビロテしている我が家ですが、あと2個は欲しいなと、すっかりこのグラスの虜になっています。1個4.7ユーロ。

La Rochère公式サイト

■著者プロフィール
Tricolor Paris
トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...