FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

​"雪原に横たわる目撃者"元ネタになった映画わかる?[RWCHE(ローチ)的B級映画検定]

2016.8.16



「Life is very funny」を掲げるストリートブランド『RWCHE(ローチ)』。その中でも人気なのがB級映画マニアの後藤さんが、"知る人ぞ知る"映画のワンシーンをサンプリングしたアイテムたち。

元ネタを知らなくてもカッコいいけど、知ってるともっと欲しくなる。そんな『RWCHE』のアイテムを「B級映画検定」と称して紹介していきます。今回は白の霜降りのボディに、人の形の刺繍が施されたTシャツ。


コーエン兄弟の代表作『FARGO(ファーゴ)』





1996年製作のコーエン兄弟の代表作『FARGO(ファーゴ)』。雪で覆われたミネソタ州の田舎町を舞台に、ジェリーが借金返済のために、自分の妻を狂言誘拐し、義理の父から身代金をせしめようとしたのがすべての始まり。


誘拐を依頼された二人組、カールとゲアの凸凹コンビがなりゆきで警察官や目撃者を殺してしまうあたりから、物語は徐々に狂気をおびていきます。ほのぼのとした田舎町でおこる負の連鎖。たんたんと日常の延長線上のように殺人がおきる様子が妙にリアルで恐ろしい…。



雪原に横たわる目撃者の遺体もワンポイントで




一連の事件のキーマンになる女性署長のマージが、事件現場に訪れたシーン。白い雪原に殺された目撃者の赤いジャケットとブルーのデニムが鮮やかに映えるこのシーンが今回のTシャツの元ネタです。

「Tシャツのボディは雪をイメージした霜降りにしました。他の色はないんですかとよく聞かれるんですが、このTシャツは白じゃなきゃ意味がないので」(後藤さん)

作品自体が、雪景色の白さと流れる血の赤さが強烈に印象に残るものだけに、後藤さんの『FARGO(ファーゴ)』への深い愛情が伝わってきます。

そんなクライムムービーとしてのバックストーリーはありつつ、Tシャツのデザインだけを見ると、目撃者の遺体の刺繍もどこかかわいらしく見えてくるから不思議。シリアスとコメディが表裏一体になったような、なんともいえない感覚。

「RWCHE」のクリエイティブの考え方自体がコーエン兄弟の作風と近いような気がしていましたが、「Life is very funny」という「RWCHE」のコンセプトはコーエン兄弟の別の作品『ビッグリボウスキ』からとったとういことで、なるほど、すべて納得です。

RWCHE
Official site: http://rwche.com/
Official shop:THE SENATE(shop in shop)
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-14-6(Color at Against内)


コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...