FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

フランスの赤ちゃんが初めて手にするおもちゃ といえば…『Sophie la girafe(キリンのソフィー)』[フランスの定番品]

2016.8.19



やわらかなゴム製の赤ちゃんのためのおもちゃ『キリンのソフィー』。つぶらな瞳とのほほんとした表情がなんともかわいいこのソフィーちゃんに初めて出会ったのは、フランス人の友人から贈られた出産祝いでした。それから、小さな子どものいる家にはたいていソフィーがいることに気づきました。フランスの赤ちゃんはソフィーとともに育つ、といっても決して大げさではないほど、まさに定番のおもちゃです。



『キリンのソフィー』は、1961年5月25日、スイス国境に近いフランスの小さな町で 生まれました。発売されるとあっという間に人気となり、世界中に広まった現在も、 同じ場所でひとつひとつ丁寧に作られています。

マレーシア原産の天然ゴム100%で、色付けには食用塗料を使用するなど、赤ちゃんが口に入れても安心なつくり。しかも赤ちゃんの五感を刺激してくれるらしい、と聞けば、ママとパパは飛びついてしまいますが、そんなふうに、「赤ちゃんに良いと言われるおもちゃ」を買ったけれど、実際の我が子は見向きもしなかった、なんてこともよくある話。



『キリンのソフィー』が誕生から50年以上経った今も愛され続ける理由は、子どもたち自身がほんとうに気に入るなにかがあるからなのでしょう。真っ黒の大きな目が印象的で、わかりやすい。つるつるし過ぎないやさしい手触りで、細長い首や足が赤ちゃんの小さな手でも持ちやすい。握るとキューっと優しい音がするのがおもしろい。生えかけの歯がむずかゆいときに口に入れて噛める、などなど…。



最後の写真は、すっかり使い古された我が家のソフィー。彼女にはずいぶんお世話になったものですが、子どもたちも大きくなって、あんなに触ったり握ったり噛んだりしていたソフィーちゃんのことはすっかり忘れてしまったようです。でも、我が子が最初に手にしたおもちゃはなんだか捨てがたく…たぶんフランスの多くの家庭には、おもちゃ箱の片隅に、お役目を果たして少し色あせてくたびれたソフィーちゃんが眠っていることでしょう。

そして、家族や友人に子どもが生まれた、と聞けば、また出産祝いにソフィーちゃんを選んでしまうのです。

■Sophie la girafe公式サイト
www.sophielagirafe.fr(フランス語)/ www.sophielagirafe.jp(日本語)

■著者プロフィール
Tricolor Paris
トリコロル・パリはフランスに暮らす荻野雅代と桜井道子、ふたりの日本人からなるユニット。パリ関連のガイドブックを執筆・撮影するかたわら、2010年にスタートしたサイトにて、パリのおすすめショップやレストラン、イベント・観光情報はもちろん、フランスのニュースやパリの天気を服装で綴る「お天気カレンダー」など、独自の目線で「フランスの旬」を日々発信している。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...