FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

「HAPPY NUTS DAY(ハッピーナッツデイ)」始まりのピーナッツバターを再現してみた

2017.3.11


スケーターの好奇心から生まれた「HAPPY NUTS DAY」

千葉県・九十九里発のピーナッツバターブランド「HAPPY NUTS DAY(ハッピーナッツデイ)」。千葉県の落花生、てんさい糖、塩だけというシンプルな材料と徹底的にこだわり抜いた焙煎で、ピーナッツ本来の味を引き出した濃厚なピーナッツバターは、多くのファンを魅了しています。



そんな「HAPPY NUTS DAY」のピーナッツバターが生まれたのは、スケーター仲間だった3人のちょっとした好奇心がきっかけでした。


「千葉の海沿いで、形が悪くて商品にならない落花生に出会って、試しにピーナッツバターを作ってみることにしたんです」


青空のもと、キャンプ用のバーナーを引っ張り出し、すり鉢を実家から持って来て、ネットで作り方を調べながら作り始めたそう。


最初はピーナッツをゴリゴリすり始めたものの、なかなか粘り気が出ず、もういいやと途中でやめてしまったそうですが、しばらくして今度はミキサーを使っていろいろな製法を試してみることに。砂糖を加えたり、はちみつを加えたり、焙煎の時間を変えたりと試行錯誤しているうちに本格的になり、冗談半分で言っていたピーナッツバターブランドの立ち上げが現実味を帯びていったのです。


「自分たちで作っていくうちに楽しくなって、どんどん夢中になっていったんです。今度はあの材料を試してみよう、道の駅で売ってみようと、夢が広がっていきました」


こうして、歩み始めた「HAPPY NUTS DAY」。

今では全国各地で人気を集めていますが、その第1号のピーナッツバターってどんな味だったのでしょう?

そもそも、ピーナッツバターって自分で作れるの?


中野さんの楽しそうな話を聞いているうちに、ピーナッツバター作りにどんどん興味がわいてきます。


ピーナッツバターをDIY

というわけで、中野さんにピーナッツバターの作り方を特別に教えてもらいました。

今回は、中野さんが仲間と一緒に初めてピーナッツバターを作ったときと同じ方法を再現。

果たして、うまくできるのか!?



【材料】

・ピーナッツ…100g

・てんさい糖(砂糖でもOK)…13 g

・塩…ひとつまみ


【道具】

・キャンプ用バーナー(屋外の場合のみ)

・フライパン

・ヘラ

・すり鉢&棒(ミキサー、フードプロセッサーでもOK)

・保存瓶(煮沸消毒したもの)



【作り方】

1.ピーナッツの殻をむく。薄皮も忘れずに!


2.油を引かずにフライパンにピーナッツを入れ、中火にする。ヘラでかき混ぜながら、こんがりした焼き色が付くまで煎る。



3.ピーナッツをすり鉢に移し、てんさい糖、塩を入れる。


4.ピーナッツがねっとりするまで、ひたすらゴリゴリする。





5.保存瓶に入れて完成!


ピーナツバターを作ってみてわかったこと


今回はすり鉢を使ったため、ピーナッツがねっとりしたクリーム状になるまでは20〜30分ほどかかりました。自宅で作る場合は、ミキサーを使うとあっという間に作れます。


慣れない手つきで「まだまだ!」「もう少しかも?」「あともうちょっと!」とすり鉢をゴリゴリすっているうちに、少しずつピーナッツの油が出て、いい感じにとろけていくのです。

あのコロコロしたピーナッツがこんなにトロトロになるのかと、完成したときは達成感でいっぱい。


パンにひと塗りして食べたら、素朴でほのかな甘さに思わず笑顔。

青空の下で、自分たちで手作りしたものって、なんでこんなにおいしんでしょう。


「HAPPY NUTS DAY」の始まりのピーナッツバターは、ものづくりの楽しさを改めて教えてくれました。

中野さん、ありがとうございました!



HAPPY NUTS DAY

THE BEST PEANUT BUTTER we believe. こだわり抜いた焙煎の上質なピーナッツバターを、千葉県九十九里町からお届けします。

→HAPPY NUTS DAYのショーケース一覧

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...