FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

​植物のエネルギーで心を健康にする!?「Bach Rescue Remedy(バッチ・レスキューレメディ)」[イギリスの定番品]

2016.11.9



イギリスに来てまもない頃、フラワーレメディを勉強している人に会って興味を引かれた。

フラワーレメディは小さなガラス瓶に入っている液体で、のむと感情面でつっかえていることの解消に役立つという。1930年代にエドワード・バッチ博士というイギリス人医師が開発したもので、けっこう歴史は長いのだ。今では一般的な自然療法としてイギリスでは「バッチ・フラワーレメディ Bach Flower Remedies」として定着している。


医師が発見した心に良い花のエッセンス





中身は何かというと、ほとんどが水と保存用のブランデー。しかし、その液体には……なんと「植物のエネルギー」が転写されているのだ。


ミネラルウォーターの上に花を浮かべて太陽光にあてる、あるいはミネラルウォーターで植物を煮る。そうやって植物のエネルギーを水に転写することで母液ができあがる。バッチ博士が見つけたレメディは38種類あり、それぞれの植物のバラエティによって、心への作用が異なるのだという。


例えば「オリーブ」は心身共に疲労困憊してエネルギーが枯渇している人にバイタリティを取り戻させる、 「ウォルナット(クルミ)」は過去からのしがらみに縛られた心を癒し、前に進んでいく順応性を与えるといった具合である。


この38種類のレメディとは別に、バッチには「レスキューレメディ Rescue Remedy」というシリーズがある。今回ご紹介したいのはコレ。散策や庭造り、動物など自然とのつながりをとても大切にするイギリス人だからこそ、自然由来のフラワーレメディは思った以上に日常に浸透しているのだ。そしてレスキューレメディは、バッチの中で最も広く使われているレメディでもある。



テスト前でキンチョー? いやいやレスキューがあれば大丈夫!



「レスキュー」が登場するのは、救急・緊急の場面。


強いストレスやショックなどを感じているときに服用すると、緊張をときほぐし、リラックスさせてくれる効果がある。イギリス人がよく使う場面としては、テスト前! とくに運転免許試験の前に使うという話はけっこう聞く。そして失恋したときや、誰かが亡くなったときにも……穏やかに作用して心を落ちつかせてくれるという。


レスキューシリーズには液体だけでなく、スプレー、塗布用クリーム、肝油のようなドロップなど、いろんな形態がある。クリームは火傷をした直後に塗ると効果てき面。症状が格段に軽くてすむ。病院に連れていく前のペットに与えると落ちつくのよ、と教えてくれた飼い主さんもいた。このバッチのシリーズはイギリスでは日本のマツキヨなどに当たるごく一般的な薬局「Boots ブーツ」で簡単に入手できるのもいい。



身体だけでなく、心もね





生みの親のバッチ博士は細菌学者として世界的な名声を得て王室医も務めていた人だが、身体だけでなく心の癒しが人間には必要だと気づき、放浪の末、自然の中にあまねく存在する癒しの力の発見に至った。1936年11月に亡くなったそうなので、今年はちょうど没後80年にあたる。


私もレスキューレメディを知りたての頃はよくお世話になったが、その後はとんとご無沙汰。今回の撮影のために久しぶりに入手したので、どんな場面で使おうか、ちょっとワクワクしている。



Bach Centre 公式サイト


■著者プロフィール

江國まゆ(えくに・まゆ)

ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。出版社勤務を経て、1998年渡英。英系広告代理店にて翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当し、2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にロンドン発の情報コミュニティeマガジン「あぶそる〜とロンドン」を創刊、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむ。

ホームページ:http://www.ekumayu.com

あぶそる〜とロンドン:http://www.absolute-london.co.uk

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...