FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

かわいいから始まったWayuu族との人生を変える出会い | CHILA BAGS(チラバッグ)

2017.7.14

現代においても、多くの先住民族が独自の生活を守っている南米諸国。コロンビア北部に住むWayuu(ワユー)族もそのひとつだ。近年、彼らが作る伝統的な「Wayuu Bag」が北米やヨーロッパのファッション界で注目を集めている。そんなWayuu Bagに出会ったことで、今まさに人生が大きく変わろうとしている日本人女性が、今回の主人公。



BOHOスタイルに合うバッグ、見つけた!


旅好きで、世界中から集めたアイテムをネットショップで販売していた濱 七彩子さんがWayuu Bagを見つけたのは、L.A.にあるお気に入りのセレクトショップ。


「BOHOスタイルが好きなこともあって、すぐに"これかわいい!"と飛びついて。調べていくうちに、これがコロンビアの先住民族が作ったバッグであること、すでにいくつかのブランドがあり、北米にも進出していることなどを知りました」。


すぐに自身のショップでも取り扱いたいとリサーチを開始、その中で出会ったのが、若きコロンビア女性・ラウラが手がけるWayuu Bagのブランド「CHILA BAGS」だった。




ラウラからの思わぬメッセージ


「デザインの素敵さも際立っていましたが、何より感銘を受けたのがブランドの姿勢。Wayuu Bagが注目される中、安い賃金で作らされるということが問題になっていて。ラウラはそれを解消すべく、正当な対価を支払うフェアトレードのブランドとして『CHILA BAGS』を立ち上げたんです」


そんなわけで、早速「CHILA BAGS」の取り扱いを始めることにした濱さん。メールでやりとりをしていくうち、ラウラから思わぬメッセージを受ける。それは「コロンビアにいらっしゃいよ」というお誘いだった。


「インドやヨーロッパなど、今までたくさんの国に旅してきましたが、コロンビアは初めて。しかも先住民族の居住地なんて滅多に行ける場所じゃない。家族や友人は心配しましたが、行くことに決めました」


とは言え、さすがの濱さんも普段の旅行とは警戒レベルが違う。不測の事態に遭遇したときでもすぐに逃げられるよう、バックパックひとつに入る荷物だけに絞って、コロンビアに向かった。


いざ、Wayuu族の居住地に潜入


48時間かけて到着したのはコロンビアの首都・ボコタ。そこでラウラさんと合流し、さらに飛行機で北部の都市・リオアチャへ。そこから車で30分ほど走ったところに今回訪れるWayuu族の居住エリアが広がっていた。


「ラウラ曰く、そこは許可がないと入れないそうで。最初、彼女は何も知らずに入っていって、銃を向けられてしまったそうなんです。もちろん日本人なんて見たことないだろう、とかなり緊張してました」


ところがその心配に反して、濱さんはあたたかく迎えられる



「子どもたちにワーッと囲まれて大歓迎されましたし、実際に現地で先住民族が昔ながらの技法で編んでいる現場を目の当たりにしたことで、ラウラをはじめとする『CHILA BAGS』のスタッフが、彼らから本当に信頼されていることを肌で感じました」




三世代が一緒に暮らすWayuu族の生活、そして彼らが置かれた状況を知ることで、よりフェアトレードであることの重要性を感じた彼女。その胸に新たな決意の火が灯った。


「私」が「日本」で伝えていく


コロンビア訪問を経てWayuu族、そして「CHILA BAGS」への愛が深まった濱さん。このバッグに込められた想いをより多くの人に伝えるべく、行動を開始した。


「それまではネットショップでの販売のみだったのですが、このバッグの魅力は実際に手に取ってもらった方が伝わるんじゃないかと思って。それでラウラと代理店契約を交わしroomsという大きな展示会に出展したんです」



カラフルで繊細な「CHILA BAGS」は多くの来場者の心を掴んだ。「中目黒Vase」をはじめとするセレクトショップでの取り扱いや、有名百貨店での催事も決まったほか、数多くの出展者の中から選ばれる亀山アワードも受賞し、その知名度を一気に高めることができた。


実は濱さん、2015年までは一般企業に勤めていた。


「憧れていた業界に就職できたのですが、本当にこのままでいいのか、とくすぶっていた部分があって……。とあるきっかけで会社を辞め、旅行経験を生かしそうとネットショップを始めたのが2016年。まさかこんなスピードで人生が変わっていくなんて思っていなかったです」


勤めていたときにぼんやりと描いていた夢は「CHILA BAGS」に出会うことでくっきりとした輪郭を帯び、それと同時にメッセージを伝えるという大きな役割も与えられた。


「最初の出会いは"かわいい"でいいと思うんです。でも同じWayuu Bagなら、彼らにちゃんと利益が還元されるシステムのものを持って欲しい。日本でも『CHILA BAGS』の素晴らしいメッセージを多くの人に伝えていきたいです」


CHILA BAGS JAPAN

http://www.chilabags.jp/



コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...