FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

​アナログ掃除機「Henry(ヘンリー)」が愛されるワケ[イギリスの定番品]

2016.8.29



イギリスで小売店の開店時や閉店時に居合わせると、たいていビッグ・スマイルを浮かべた真っ赤な掃除機「Henry(ヘンリー)」が床掃除で活躍している。見かけるのは十中八九、ヘンリーだと言っていい。家庭での使用率も高い。まるで影分身の術を使ったヘンリーが、イギリス中の床を掃除しているかのようなのだ。

ヘンリーは体重6.6キロ。平均的な家庭用掃除機の重さが2〜3キロであることを考えると、ずっしりと重い。コードレスの軽い掃除機が人気の今、生産台数が減って世代交代してもよさそうなのに、ヘンリーの製造元である英企業Numatic(ヌマティック)社では未だに一日に何千台というヘンリーを造り続けている。家庭やオフィスにとどまらず、工事現場や工場まで場所を問わずイギリスの生活シーンで長年に渡って愛され続けている理由はいったい、何なのだろう?


「友だちのような掃除機をつくりたかったから」



ヘンリーの体重が重いのは、彼が元々、学校や病院の広い床を清掃するパワフルな業務用掃除機として開発されたからだ。生まれたのは1981年。誕生時から顔にずっと大きなスマイルを浮かべているわけだが、これはNumatic社の創業者でヘンリーの生みの親であるクリス・ダンカン氏のアイディア。早朝や夜遅くにオフィスの清掃をする孤独なスタッフのために、「友だちのような掃除機を造りたかったから」だとか。


顔と一緒に「ヘンリー」(執事の典型的な名前)という名前までもらって実際に商業施設で使われ始めると、なんとも愛嬌のある真っ赤な掃除機はたちまち人気者となり、家庭でも使いたいという人が続出。製造元が意図しないところでどんどん一般家庭に普及していったのだそうだ。




カワイイだけじゃない、ヘンリーが愛される理由



人気の理由は、そのフレンドリーな容貌だけではない。ヘンリーが21世紀の今もずっと愛用されている真の理由は、掃除機として非常に優秀だからなのだ。実際に使ってみると、その実直な良さが分かる。


シンプルで頑丈、使い勝手がよく、何より吸引力がズバ抜けている。あまりにパワフルなので、間違って必要なものを吸い取られないよう要注意なのである。イギリスはカーペットの家が多く、その上を土足で歩くためヘンリーの強力な吸引力は願ったりかなったり。また吸い込まれたホコリの収納スペースが他製品に比べて格段に大きいので、滅多にダストパックを交換しなくていいうえに、交換方法も簡単。


電気コードはハンドルをクルクル手で回して収納する仕組みなので、電動式にありがちなヘンな故障の原因になることもない。どころか、頑丈な彼はほとんど故障しないのだ(万が一故障してもパーツ交換でOK)。お値段も手頃でスタンダードなヘンリーは100ポンド(約13,000円)。彼が愛されている理由、これでお分かりいただけただろうか。



パワフルなヘンリー一家の面々



もっとも誕生時から比べると、スペックはさすがに向上している。仲間も増えた。純粋にヘンリーのガールフレンドとして生まれたのが、ヘティというかわいらしいピンクの子。その後はダスト・アレルギー体質の方向けのヘンリー・マイクロ、業務用に特化したエコノミカルなジェームズ、水まで吸い込んじゃう大きなチャールズやジョージ(全部、王様の名前 ^^; )など、パワフルな面々がヘンリー一家を賑わしている。



ダイソンよりも上? イケナイ動画も愛されてる証拠



同じ英国企業なので言うのがはばかられるが、両方使った経験がある身としては、高級なダイソンの掃除機よりもヘンリーのほうが多くの理由から好ましいと思う。ダイソンが10数年前にマレーシアに製造拠点を移してしまった現在も、ヌマティックはイングランド西部のサマセットで製造を続けている。質実剛健を好むイギリス人らしいヘンリーは、まさに純正「メイド・イン・ブリテン」、なのだ。



ちなみに、この擬人化された掃除機で遊びたがるイギリス人は多く、ヘンリーを使った動画がたくさんアップされている。なかでも「コカインを吸引してハイになるヘンリー」は人気のお題(笑)。このあたりは芸も細かくて笑える。





ヌマティック社オフィシャル・サイト

■著者プロフィール
江國まゆ(えくに・まゆ)
ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。出版社勤務を経て、1998年渡英。英系広告代理店にて翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当し、2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にロンドン発の情報コミュニティeマガジン「あぶそる〜とロンドン」を創刊、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむ。
ホームページ: http://www.ekumayu.com
あぶそる〜とロンドン:http://www.absolute-london.co.uk

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...