FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

仕事に行ってる間にディナーが出来ちゃうスグレモノ「Crock-pot(クロックポット)」[アメリカの定番品]

2016.11.25



アメリカで一家に一台と言ったらこれ。スロークッカーの代表的なブランド「Crock-pot(クロックポット」」です。


朝出かける前に材料を入れて、スイッチオン。夕方仕事から帰ってくると、美味しい煮込み料理が出来上がっています。


日本ではあまり馴染みがありませんが、この便利な電気調理器具はじっくりコトコトのスープや肉料理以外にもマック&チーズやケーキも作れちゃうスグレモノです。



アメリカ人女性の社会進出で大ブレイク



もともと簡単に豆料理を作るために開発されたクロックポット。意外と歴史が長いんです。


発明者はシカゴのナクソン・ユティリティー・コーポレーションの経営者、アービン・ナクソン。ユダヤ人教徒であった彼の祖母が子どもの頃、故郷リトアニアでよく食べていた煮込みシチュー「チョレント」の昔話に感銘を受け、クロックポットの原型版の万能調理器具「Naxon Beanery All-Purpose Cooker」を開発し、1940年に特許を取得。


その後、ナクソン社は「Rival Company(ライバル・カンパニー)」に買収され、ライバル社から新たに「Crock-pot(クロックポット)」として1971年に売り出されました。アメリカ人女性が外で働き始めた1970年代、それに合わせたように売り出されたクロックポットは、たちまち大ブレイクしたのです。


現在では、アメリカだけでなく、ヨーロッパやオセアニアにも普及し、なくてはならない調理器具になっています。



「時間はないけど手間は掛けたい」そんな気持ちに寄り添ってくれる調理器具



構造はいたってシンプル。外枠の本体と、内側の鍋部分、固定できる蓋の三構造になっています。外側は熱で熱くなるので金属で覆われていますが、中の鍋部分は陶磁器、蓋はガラスで本体と固定できるようになっています。


ほったらかしで、危なくないの?って思いますよね。私もそう思っていましたが、意外と安全なんです。弱火でコトコト煮込めば、焦げることがなく調理ができます。日本でいう炊飯器みたいな感じでしょうね。



しかも、クロックポットは料理をする手間を省くだけでなく、経済的にも優しいんです。


安いお肉をゆっくりコトコト料理することで、肉が固くならず、柔らかくジューシーに出来上がります。しかも、陶磁器の鍋は汚れがするっと落ち、洗い物が少なく済み、まさに一石二鳥以上の便利さなのです。


これからどんどん寒さが厳しくなる冬に、心も体もあっためてくれる素晴らしいアメリカの定番品。レシピもネットで簡単に手に入り、これ一つでバラエティーに富んだ料理を楽しめるので、ホームパーティーでも大活躍です。


忙しく働く人でも、手間をかけた家庭料理を味わいたいという願いから生まれた、クロックポット。もう40年以上も、働くアメリカ人の強い味方として活躍してくれています。これからも各家庭の味を創り出す万能調理器具として、アメリカの食卓を賑わしてくれることでしょう。


Crock-potのオフィシャルサイト


■著者プロフィール

Hisae

シカゴ在住の広島県人。平和と自然をこよなく愛し、写真を撮ること、ロードバイク、ランニングが大好き。波乱万丈の人生を、いつも笑顔で楽しんでます♪



コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...