FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

突っ張り棒をインテリアの主役に。老舗企業の新たなる挑戦「DRAW A LINE」

2017.3.14



クローゼットの中や、キッチンの戸棚の中で大活躍している突っ張り棒。これがないと収納に困るくらい日

々お世話になっている。けれど、部屋の見えるところに設置するのは、生活感が出てしまってちょっと抵抗

がある。突っ張り棒=インテリアの裏方の存在。これまではそう思っていた。


突っ張り棒は「1本の線」


「DRAW A LINE(ドローアライン)」は、生活の便利グッズというイメージが強かった突っ張り棒を、暮ら

しを豊かにする「1本の線」として再定義したアイテム。突っ張り棒を作り続けて40年以上、シェアトップ

の平安伸銅工業とクリエイティブユニットのTENTがコラボレーションして生まれた新しいインテリアブラン

ドだ。


マットな質感の黒いスチールパイプに真鍮の留め具というデザインで、「え、これ突っ張り棒なんですか

?」と最初は戸惑ってしまうくらい、クールでスタイリッシュ。壁に取り付ければ、部屋に1本の線を引いた

ような雰囲気になる。


パイプに直接アイテムを引っかけてもいいし、専用のシェルフやフックを取りつければ見せる収納を楽しめ

る。ライトを取りつけて、ちょっと明かりがほしいベッドサイドなどで使うのもいいかもしれない。縦にし

て床と天井をつなぐパイプとして使うこともできる。


ミニテーブルを取り付けたり

フックを取りつけたり

マグネットで留めたり


ライトをつけたり


壁に穴を開ける必要もないし、何度でも取り外しができてデッドスペースを有効活用できるから、一人暮ら

しの賃貸の部屋でも大活躍しそう。部屋の模様替えをしたくなったときにすぐに移動できるのもうれしい。


「突っ張り棒革命」を起こした老舗の挑戦


「DRAW A LINE」を突っ張り棒と呼んでいいのかもはや迷うところだが、この新しい突っ張り棒が生まれた

背景には、老舗企業が抱えるある悩みがあったという。


「突っ張り棒は定番商品として愛用していただいている一方で、新鮮味がなくなり、差別化しにくい商品に

なっていました。機能と価格だけでは、今の消費者を惹きつけることはできない。そんな中で、コモディテ

ィティ化した日用品こそデザインの力で新しい価値を提案できるのではと考え、新しい突っ張り棒の開発に

乗り出しました」(平安伸銅工業 広報 寺川さん)




飽和した市場で新たな道を見いだすべく、すでに確立している突っ張り棒のイメージを自ら変えていくこと

。それは、老舗企業にとって大きな挑戦だったはずだ。実際、開発にあたり、社内でもさまざまな声が上がったという。


「これまでの実績や信頼があったから新しい挑戦ができたわけですが、一方で老舗ゆえのイノベーションの

ジレンマもありました。黒い突っ張り棒は昔売れなかったとか、リスクが高いから止めたほういいといった

意見もありましたが、1つひとつ説明して乗り越えてきました。


ブランドの立ち上げにあたっては、デザインを実際の製品に落とし込むことが大変でした。おしゃれな突っ

張り棒を作りたいという想いがあったので、前例にとらわれず、妥協しないでデザイナーの要求する形を実

現することに力を注ぎました。よく見ると、構造的にも従来の突っ張り棒より進化しているんです」(寺川

さん)



聞けば平安伸銅工業は、初代のときにアルミサッシ、二代目のときに突っ張り棒、そして三代目の今は

「DRAW A LINE」と代々が柔軟に、時代の変化に合わせて暮らしを便利にするアイテムを世に送り出してき

た。こうした老舗企業に宿るベンチャースピリットが、「DRAW A LINE」という新たな突っ張り棒の誕生につながったのだ。


突っ張り棒がインテリアの主役になる日


裏方から、インテリアの表舞台に登場した突っ張り棒。デザインの力で生まれ変わったことで、自在に空間

をアレンジできるという突っ張り棒本来の魅力がパワーアップしたように思える。置き場所が限られる家具

でもなく、収納の便利グッズでもない。「一本の線」だからこそ実現できるインテリアがある。


「『DRAW A LINE』のアレンジ方法は無限大です。ぜひ自分らしい暮らしを実現してもらえたらうれしいで

す」(寺川さん)


「DRAW A LINE」は、3月11日から「二子玉川 蔦屋家電」「journal standard Furniture」(渋谷店、梅田店)にて先行発売中。一般発売は4月上旬を予定。白バージョンも登場予定とのことなので、乞うご期待!


DRAW A LINE

http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/

https://youtu.be/yEZEP2_Asu8

※ライトは6月発売予定

画像提供:平安伸銅工業

取材・文:村上佳代(The World Elements編集部)

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...