FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

NY・ベッドスタイで暮らす クリエイター・彼氏とフォトグラファー・彼女【NYお部屋訪問】

2016.1.4


こんにちは、ニューヨークで大人の学生をしているYuです。これからニューヨークのちょっぴり気になるヒト・モノ・コトを写真とともにご紹介。どうぞよろしくお願いします。

アメリカ人のマイケルさんと、日本人の亜希子さんカップルの新居にお邪魔しました。「付き合って1年半。最初の1年は、バスで片道8時間の遠距離恋愛だったんです。でも2ヶ月前から一緒に住み始めました」と顔を見合わせニコリとするふたり。

「ご近所さんはフレンドリーで親切だし、住み心地抜群です」元DJの彼と、元ヒップホップダンサーの彼女。ブラックミュージックを愛するふたりが、その発信地であるベッドスタイ地区に住もうと決めたのは自然の流れでした。

天井が高く開放感のあるスペースを活かし、ものづくりや撮影もできちゃう。そんな仕事もプライベートも楽しめるお洒落なお部屋をご紹介。






と、部屋を紹介するその前に、まずはクリエイター・彼氏、マイケルさんの作品の一部をご紹介します。

使えば使うほどに味わいを増すウォールナット(クルミ)を使用し、何世代にも渡って使えるようシンプルで洗練されたデザインのベッドヘッドボード。すぐにソールドアウトとなった人気の作品。





こちらがフォトグラファー・彼女、亜希子さんの作品。今年の秋、彼女がアートワークを手掛けたニューヨークを代表する老舗スケートカンパニー「5BORONYC」のルックブック作品。

お気に入りの1枚を指差し「在米歴10年で、初めてこの有名なユニスフィアをバックに撮った5BOROとの作品。思い出深いですね」と話してくれました。





家族や友人から譲り受けた、思い出深い家具に囲まれたリビング。「オープンキッチンに憧れていたんです」と料理が得意な亜希子さんに、「このラックは僕の手作りなんだ」とマイケルさんの工夫がなされたアイテム。ふたりで作り上げた幸せいっぱいのお部屋にほっこり。


シャワー文化のアメリカ。「日本人にとって湯船に浸かることって大切だと思うんです。この大きなバスタブに一目惚れでした」と亜希子さん。バブルバスで疲れを癒すのが日課なんだって。






レンガの壁がお気に入りのこちらのお部屋は、サブレットとして貸し出しているワンルーム。IKEAで揃えたシンプルな家具がお部屋とマッチ。

ほど良い抜け感のある空間に、思い入れのある家具や小物を上手に配置。毎日キッチンに立つ亜希子さんのために作った、マイケルさんのハンドメイドアイテムがアクセントとなった、愛が溢れるお部屋でした。




Photographer :HAYATO
ポートレート写真を中心に、広告やファッション、CDジャケットやCFなど幅広い分野で活動中。2015年5月から渡米中。
http://hayato-foto.com/
Writer:Yu Takamichi

ヒップなネイバーフッドで地味に暮らす、お茶目な昭和女子。ニューヨークを中心としたライフスタイルマガジン「HEAPS MAGAZINE」で編集/ライターとしてインターン活動中。
http://heapsmag.com/

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...