FOR USER
App Storeからダウンロード
FOR SHOP
出店する
出店する

THE WORLD ELEMENTS

Follow Us

Other

サインアップ

1Kで最大限に楽しむ。ハンドメイドなインテリアグッズに囲まれた部屋

2016.6.10



たくさんのグリーンと自身のハンドメイド作品に囲まれて暮らす販売員のakiさん。今回は1Kという限られた空間の中で、最大限にインテリアを楽しむ彼女のお部屋をご紹介します。

全体をブラック×ウッドでシックにまとめながらも、グリーンがどこかやわらかい印象を与えてくれる空間です。


まずは、彼女が部屋の中で大半を過ごすというベッド付近。壁のディスプレイボードは、なんとホームセンターで購入した「すのこ」を組み合わせ作られたもの。また、上部にフェイクグリーンをあしらったシェルフも自作と、さまざまなところに彼女のアイデアがちりばめられています。



インダストリアルな雰囲気の中に、女性らしさを残したディスプレイ





ショップで展示として使われていたフェイクウッドに、クリスマス用として販売されていたオーナメントを飾っているディスプレイスペース。部屋全体はシックで落ち着いた雰囲気ですが、花やデザインのかわいい小物、ガーランドなどで女性らしい、かわいらしさをプラスしています。

まるでカフェの看板のようなおしゃれなボードは、コルクボードを自身で塗装し、ステンシルを施したそう。




100個以上もの植物が並ぶベランダ





お部屋の中には、日当りの関係上フェイクグリーンを置いているものの、ベランダには大好きな多肉植物をはじめとする本物のグリーンがずらり。ざっと100個以上はあるのではないでしょうか。

1畳ほどの限られたスペースですが、高さを生かしたディスプレイと、ブリキ缶を塗装してポットの代わりにするなど、独自の感性でハンドメイドされたアイテムがまとまりのある空間をつくり出しています。

インテリアにはまったきっかは「多肉植物」に出会ったことだというakiさん。なんでも多肉植物たちをどうやって置こうかと考えていることで、空間づくりに興味が湧いてきたのだとか。




シンプルにまとめたワークススペース





akiさんがパソコンや、書き物、そしてハンドメイドの作業を行うデスク。

比較的アイテムの多い彼女のお部屋ですが、デスク周りはグリーンを控えめにして、シンプルにまとめています。

ハンドメイド作家さんの作品や、自身でハンドメイド・D.I.Yしたものの他に、蚤の市で雑貨を買うことも多いというakiさん。多摩川で行われる「東京蚤の市」には、スケジュールを調整して必ず足を運ぶようにしているそうです。




有孔ボードを活用したキッチン





こちらのスペースは洋服の販売員として働くakiさんこだわりのキッチン。落ち着いたウッドベースの空間に、マットブルーで塗装された有孔ボードがアクセントに。

akiさんの好きなコーヒーに関するアイテムを収納しているこちらの一角にも、ハンドメイドのアイデアがたくさん。100円均一で購入したフォトフレーム、ブリキバケツを活用し塗装やステンシルを自ら施した小物収納など、リーズナブルでいてクオリティの高いアイテムたちが彩ります。



国内外のハンドメイド・D.I.Yをしている人のブログなどを見て、パーツを変えてみたりと、自分らしくアレンジしているakiさん。試行錯誤しながらつくりあげた空間は、愛着もひとしおで、毎日自分らしく、楽しく過ごせそうです。

コメント 0
THE WORLD ELEMENTS この機能を利用するためには、App Storeでアプリをダウンロードする必要があります。 App Storeからダウンロード
閉じる
OTHER STORY
Loading...
ITEM RANKING
Loading...
SHOWCASE RANKING
Loading...